お電話によるお問い合わせはこちら 0774-64-3538 平日10:00~23:00 無料体験受付はコチラ

成績でお悩みの中高生のみなさん、保護者の方々。私が責任を持って成績アップできるようにします。

代表 / 大場 基生

同志社大学卒。子どもたちに「自ら学ぶ喜び」を感じながら成長してほしいと思い個別英数学院を2002年に設立。
これまで多くの生徒の指導にあたる。趣味は釣りとドライブ。息子2人の父でもある。

代表からのメッセージ

まずは無料体験授業で
ご実感下さい。

詳しくはこちら
成績が上がる21のポイント 喜びの声をたくさん頂いております
個別英数学院オフィシャルブログ 教室の出来事を更新!!

最新情報

<個別英数学院ブログ>講師からのメッセージ 11月号

2018年11月18日(日)

当塾の塾報には毎月講師からのメッセージを載せています。
 
【今月のQuestion】
中学の勉強を10とすると高校の勉強の難しさはどれくらいですか?
 
当塾講師陣のうち、2名に回答してもらいました。
 
<Answer>
1000くらいだと思います。
 
まず、授業のスピードが中学と比べ物にならないほど速いので、日々の予習復習が必須です。
 
それに部活をやっていると疲れて勉強する時間が取りにくくなります。
 
だから、いかに短時間で集中して勉強できるかがカギとなります。
 
個別英数学院では、短い時間でも効率的に勉強できる映像教材などを活用出来たり、集中して勉強できる環境が揃っているので、フル活用して一緒に頑張っていきましょう!
 
松山 綾香 同志社女子大学 現代社会学部
 
<Answer>
中学の勉強を10とすると高校の勉強の難しさは1000くらいだと思います。
 
その理由は、科目数が増え授業スピードが早くなること、内容が中学内容よりも深く難しくなることなどです。
 
だから高校に合格することだけを目的として勉強するのではなく、高校での勉強の大変さを理解して勉強しておくようにしましょう。
 
僕たち講師は経験者なので、しっかりとアドバイスしていきます。
 
高校の勉強こそ塾が必要だと思います。
 
今の時代、大学は行けたに越したことはないです。
 
大学受験を視野に大学受験をする高3終了まで塾に通い続けることはもはや当たり前になっています。
 
田中 佑樹 京都産業大学 理学部
 
f:id:eisuu:20181118110818j:plain
 
インターネットからの資料請求お問い合わせはこちら 0774-64-3538